Sep 1, 2020

鳥取編1/2 -嵐の砂丘-

仕事で鳥取に行ってきた。

鳥取といえば砂丘。と、いうことで空港から直行。

平日とは言え、このコロナ渦で観光客はほとんどいない。もうちょっと砂漠っぽい感じを想像してたんだけど、文字通り砂の丘って感じだ。空が曇ってきたけど、このくらいならてっぺんまで軽く行って帰ってこれるだろう。

雨が降ってきたら傘をさせばいいし、強風が吹いたらすぐ引き返せばいい。

小さく見えた「砂の丘」だが、実際に歩くと意外と距離がある。しかも、砂の登り坂はなかなかきつい。部活を思い出す。
ようやくてっぺんに着き、さぁ景色を楽しもうとしたその時、ちょうど激しい風と雨が。

傘をさそうとするも強風でさせないし、引き返そうとするも遠すぎて帰れない。

どうすることもできずに、ただ砂丘のてっぺんで立ち尽くす。
このまま何処か遠くにに飛んで行っちまいてーな。

わたしはパラソルヘンべえになりたい。

砂丘から無事生還し、旅館にチェックイン。

今回の宿泊はJR鳥取駅から徒歩5分「丸茂」さん。
建物はなかなか年期が入っているが、よく清掃が行き届いていて、清潔感がある。僕が泊まった部屋は古くてちょっと怖い感じ。まぁ、旅館ってこんなもんか。旅館に泊まり慣れてないもんだから、わからない。

あとで、ネットで見たんだけど、洋室もあってそっちはリフォームされていて、和モダンとでも言おうか、なかなかカッコ良い(僕の泊まった部屋よりちょっと高値)。共用風呂も昨年新しくしたばかりとのこと。

あと、朝夕の食事が絶品だった。写真撮り忘れたけど。

仕事まで時間があったので、旅館周辺を散歩していたら、懐かしい感じの映画館でジブリ特集をやっていた。これは気になる。

つづく。

Posted in Daily drawing ManComments Closed 

関連記事