Jan 5, 2021

小説新潮『黙約の傷』最終回

最終回
あの二人は本当に親族なのだろうか。
議論を尽くし、生体肝移植を経ても残る疑問。病院前には、その疑惑を追及するマスコミが多数押しかけてきた。

昨年の6月から12月まで小説新潮で連載されておりました、本城雅人さんによる連載小説『黙約の傷』の挿絵を担当させて頂きました。ミステリアスな外科医、鬼束鋭臣を中心に展開される医療系ヒューマンドラマ。全7回。

Posted in WORKSComments Closed 

関連記事