Mar 20, 2015

担当は「戦後ニッポン犯罪史」に決定!


僕が今年の2月から通っている、gallery DAZZLEさん主催のセミナー「装画塾」の修了展が、5月下旬に催されます。

そもそも「装画塾」というのは、装丁のイラストを学ぼう、という趣旨のセミナーでして、塾生達は最終的にビジネス、文藝、人文のいずれかに振り分けられます。そして、担当の講師の先生と組んで一冊のダミー本を製作する、という流れです。

僕の場合は、デザイナーの臼井新太郎先生がご担当される人文コースに振り分けられました。そして、本のタイトルは「戦後ニッポン犯罪史」に決定しました。第1回目のラフスケッチ批評会では、手錠では生々し過ぎるとのご指摘で却下。また描き直します。。。

 

ラフ0.2

 


Posted in Daily drawing ManComments Closed 

関連記事