Nov 24, 2018

移動都市 – Mortal Engines

2018年 Charcoal on paper

420 x 290 mm

 

 

 

 

 

 

 

フィリップリーヴの小説「移動都市」を描いてみました。

 

以下、Wikipediaより

移動都市』(原題:Mortal Engines)はフィリップ・リーヴが4作からなるHungry City Chronicles (移動都市シリーズ)の第1作として2001年に発表し、Scholastic Limited, London より刊行されたSF小説である。

Hungry City Chronicles の続編として、第2作 『掠奪都市の黄金』 (2003年)、 第3作 『氷上都市の秘宝』 (2005年)、 第4作 “A Darkling Plain” (2006年)の3作が刊行されている。

日本では東京創元社創元SF文庫)より 『移動都市』(日本語訳:安野玲)(ISBN 4488723012)として2006年に出版された。なおScholastic Limited, London 版のカバー画にはデイヴィッド・フランクランド(David Frankland)のイラスト、東京創元社版には後藤啓介のイラストがそれぞれ使用されている。

2018年にクリスチャン・リヴァース監督、ピーター・ジャクソンの製作・脚本による映画『モータル・エンジン』が公開予定である

Posted in WORKSComments Closed 

関連記事